CONCEPT

コンセプト

アートのある日常。Portrait 2.0

Letter from TIE the STRINGS

タイザストリングスは2011年6月1日、”写真の日”に誕生しました。

2015年11月に一時休業するまで、本当に多くのお客様にご来店いただきました。

コマーシャル撮影でよく使われる、ホリゾントと呼ばれる白い背景を中心としたシンプルなスタジオ、さらには多彩なライティングにより、多くのお客様の特別な時間を撮影させていただきました。

 

そして、2015年12月からこのたびの再始動までの約2年半、この充電期間に改めてタイザストリングスのさらなる可能性を模索してまいりました。

我々はポートレートの分野で何をご提供すべきか、を深く深く考え、試行錯誤を繰り返した2年半でした。

 

そんな中、このタイザストリングスの新たな挑戦として、お客様のポートレート=パーソナルフォトアートを制作したい、という想いに至りました。

思い返せば、最もパーソナルなアートを写真で表現したい、これがタイザストリングスの始まり、原点でした。

世の中のアート、と呼ばれるものは、不特定多数の人々に向けて発信されることが多いと思います。

対して、ポートレートは自分自身や、ご家族のためだけに制作されます。

そんな限定された誰かのためだけのアートをお届けします。

 

フォトグラファーは引き続き木立 泰史(HIROSHI KIDACHI)が担当。

オープン以来のクオリティを維持しながら、この充電期間に得た新たな表現方法を取り入れ、撮影いたします。

そして新たにアーティスティックディレクターには、オープン以来タイザストリングスと共に歩んできたMamiが就任。

充電期間中には新しいフォトスタジオのブランディングディレクターとして立ち上げに関わるなど、表現の幅を広げるべく活動してきました。

タイザストリングスの第2章では、フォトグラファーだけではなく、アーティスティックディレクターも、撮影ディレクションから完成作品の画コンテイメージを一緒に作り上げます。

 

撮影はロケーション撮影を中心に、お客様のご希望の場所で撮影いたします。

撮影プランは1プランのみ。

完成作品は、3枚の写真でひとつのストーリーを創り、表現いたします。

 

我々の写真を通じて、ご自身が参加するアートを所有していただきたい。

 

そんな想いで撮影、制作を致します。

タイザストリングスと一緒にアートを創りませんか?

 

お客様が参加するアートを3枚の写真で表現する、世界で唯一のパーソナルフォトアート制作をぜひ体験してください。

 

TIE the STRINGS

2018年 第2章の始動にあたって